MCS環境計画一級建築士事務所│大分県大分市長浜町1-7-3-608│TEL: 097_537_2299│FAX: 097_537_2894

© 2017 Masters for Creating Space Environmental Design Architects Office Inc.

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Google+ Icon
  • Grey Instagram Icon

October 26, 2017

October 25, 2017

June 10, 2013

Please reload

最新記事

長谷雄聖ノート

October 26, 2017

1/4
Please reload

特集記事

長谷雄聖ノート

October 26, 2017

永い宇宙の時間の中で、人の一生はほんの一瞬の光の瞬き程度でしかありません。

65歳の高齢者に仲間入りをして、初めて自分の人生の短さを実感します。

40代までは、人生の終焉がいつか訪れることを、頭では理解していても

その短さを、本当に理解することはできません。

 

今日、また一人の建築家を見送りました。

長谷雄 聖 68歳

仲の良い友人でした。

余りにも早く人生を歩んだ建築家でした。

8月末に「ゆうちゃん、俺は最近腰が痛くて30分も座っていられないから、図面も描けないよ」と電話がかかりました。

整骨院に行っても、全然良くなりません。

近くの病院に行った彼は、精密検査を受けるように勧められます。

精密検査を受けに行った帰り、彼からの電話の声は沈んででいました。

「長谷雄さん、結果はどうやった?」

「うん、あまり良くなかった。肺癌のステージ4で手術は出来ないらしい」

癌は骨にも転移していました。

3年前に逝った 山口隆史 を思い出します。

東京芸大出身の山口隆史は師匠吉村順三譲りの、木の温もりとコンクリートの素材感

を活かしたやさしい建築を創りました。

千葉工大出身の長谷雄 聖は日本刀のような凛とした切れ味の良い建築を創りました。

山口隆史は大分大学で教鞭をとり、多くの教え子を育てました。

長谷雄 聖は日本文理大学で教鞭をとり、やはり多くの教え子を育てました。

二人とも、暑い夏が終わる8月末に私のところへ体調の悪さを伝えてきました。

そして二人とも抗がん剤や放射線治療を拒否しました。

二人が違っていたのは

山口隆史が、死を受け入れ、自然のの赴くままに人生の終活を終えたのに対し、

長谷雄 聖は生きる意欲を捨てていませんでした。

「俺は薬に頼らず、自分の免疫力で癌を克服する」

と言っていました。

 

二人とも、あっけなく

本当に、あっというまに消えてしまいました。

長谷雄 聖なんか、癌と分かって1か月です。

なんで、そんなに急ぐ必要があったのでしょう?

二人とも立派な建築家でした

だから人は「大分の建築界で重要な人材を失った」と言います。

だけど、そんなことはどうでも良いのです。

ただ、心底 心を分かち合える 二人の友人を失った

だけなのです。

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ